三島市医師会は三島市内の診療所、病院の医師からなる組織であり、日本医師会、静岡県医師会の下部機構となります。会員はそれぞれの診療所や病院、あるいは会社の産業医として、個人で日常診療を行なっていますが、救急医療や介護事業、住民検診、学校保健活動、予防接種、乳幼児健診などの地域保健についても大きな役割を担っています。後者の公的医療活動については、国、県、市の事業であることが多く、組織としての医師会が、三島市行政や東部保健所あるいは県医師会と連携して対応しています。これらの公的事業を円滑に実施するために、外来診療を引退された自宅会員にも協力していただき、各個人の診療と公的医療活動の両立を図って地域医療を守っています。
 三島市には地域医療の要となるべき市立病院がないため、市内の三島総合病院(旧社会保険病院)と三島中央病院が医療連携において重要な役割を担っています。病床を持たない診療所や夜間休日の一次救急医療を担当しているメディカルセンターにとっては、病院との連携が不可欠です。そのため、二病院と診療所との間で協同診療体制を構築すると共に、それぞれの病院から医師会理事を選任し、日常診療での連携を始め救急医療や災害時医療体制の面でも連携を強化しています。
 現在、三島市医師会が直面している課題についてふれます。静岡県の東部地域の医療従事者不足は周知のことです。医師数をみると、順天堂大学静岡病院や静岡がんセンターを加えることにより、数的には他の地域に見劣りはしないのですが、これらの病院は高次救急や専門医療分野に特化しているため、一次、二次救急や在宅医療対応といった地域住民に密着した医療活動に対しては、医療資源を十分供給できないという問題があります。このため、二次救急などを担う中核病院の疲弊が顕在化しています。中核病院の疲弊は、診療所における一般診療や在宅医療、さらには一次救急医療にも多大な影響をもたらします。
 二次救急体制については、三島市以外でも沼津医師会管内(沼津市、裾野市、清水町、長泉町)や御殿場医師会管内(御殿場市、小山町)で単独運営が困難となっています。そこで、この三医師会では二次救急担当病院、行政、消防を含めた広域救急医療体制構築委員会を立ち上げ、救急の広域化を図って様々な検討を進めています。現在、救急情報のIT化や消化管出血に対応するドクターバンク制度の創設運営を重点的に実施しています。
 予想される東南海大地震や富士山噴火といった、災害時の医療体制の整備も喫緊の課題です。国、県、三島市の被害想定に基づいて動員計画を作成し、毎年、三島市の担当部課や歯科医師会、薬剤師会と連携して、医療本部設置訓練や救護所設置訓練を実施しています。さらに、東日本大震災の教訓を活かすべく、現地医師会や支援にあたった医師、自衛隊関係者等を講師に招いて講演会などを実施しています。
 三島市医師会は、医師という社会的使命を担った、三島市で唯一の専門家集団です。地域社会から求められるものに対して、三島市医師会が組織として最大限の力が発揮できるよう、役員ともども努力してまいります。

 以下三島市医師会の主な事業の内容を簡単に説明します。

三島市の医師会会員が内科・小児科・外科の診療を担当しております。特に休日には多くの皆様に御利用頂いております。メディカルセンター終了後は沼津夜間救急センターに引き継ぎますが、三島市の医師会会員も診療のお手伝いをしています。

主治医はほとんどが三島市医師会会員の医師です。何かの時にはステーションのナースが、24時間対応できる仕組みになっており安心です。

三島は単一医師会なので行政とのつながりも良く、各検診に対する事後指導も充実しています。平成17年度からは乳がん検診にマンモグラフィーを導入しております。

市内小中学校の校医は三島市医師会会員が務めています。学校検診では法律に定められた検診以外にも貧血検診・小児生活習慣病検診などを行い、児童・生徒の健康を気遣っています。

これらは大切な行政の事業ですが三島市医師会はほぼ全員参加を原則として協力を続けています。

近い将来にも発生が予測される東海大地震に備えるべく行政と協力し、三島市医療救護計画を作成しました。この中では救護病・医院が編成の中心となっていますが、今回あらたに6つの医院が加わり充実しました。