「ぢ」は痔と書きます。痔は医学的には大きく三つに分けられます。
「いぼぢ」は痔核、「きれぢ」は裂肛、「あなぢ」は痔ろうと、言います。
それぞれまったく異なった病気で、治療の仕方も違ってきます。
ここでは、簡単に三つの異なった『ぢ』の説明をします。

 

おしりは口から始まった消化管の出口で、肛門括約筋とその内側の静脈そうで作られています。この静脈叢がうっ血し、静脈瘤を形成したものを痔核と言います。おしりの粘膜側にできた痔核を内痔核、皮膚側にできたものを外痔核と言います。下痢、便秘、長時間の坐り作業や立ち作業、妊娠などは、痔核発生の大きな誘因となります。外痔核は静脈瘤のなかで血が固まり、血栓を起こす事があり、外痔核血栓と言い、激しい痛みを伴います。外痔核を切開し、血栓を除去しないと治りません。内痔核の主な症状は、出血と痔核脱出による肛門部の違和感です。坐薬や内服薬で症状を軽減できますが、根治治療は、痔核摘出術が必要です。

 

裂肛は、硬い便が通過する際におしりが過伸展され、肛門粘膜に断裂を生じるために発生します。この断裂は普通数日で改善しますが、肛門括約筋の緊張が強く断裂を繰り返す場合や、炎症などにより慢性化した場合、肛門潰瘍となる事があります。症状としては、排便痛と出血があります。下剤の内服で便を軟らかくコントロールすれば、治癒しますが、肛門括約筋の過緊張や、慢性化した肛門潰瘍は、括約筋切開術などの、手術を必要とします。

 

痔ろうの初めての症状は、肛門周囲膿瘍として発症する事が、ほとんどです。 おしりの粘膜側には、肛門腺と言う粘液を出す腺があり、ここに便が入り込んで、感染を起こし、膿瘍を形成すると肛門周囲膿瘍が発症します。肛門周囲膿瘍が、自潰したり、治療の為切開されたりすると、おしりと皮膚との間にトンネルが出来る事になります。このトンネル全体を痔ろうと言います。症状としては、血膿のため下着を汚す事が多く、トンネルが皮膚側で詰まると、肛門周囲膿瘍を再発します。肛門周囲膿瘍の再発は、トンネルをアリの巣のようにしてしまい、根本治療を困難にします。対症療法としては、抗生物質の投与と切開排膿で良いのですが、根本治療は、源発巣の肛門腺を含めたトンネル全体の切開開放、または切除を必要とします。


山口医院  山口晶久