● 高血圧とは?

 血圧は、心臓から押し出される血液の量と血管中での血液の流れやすさ、この2つの関係で決まります。 血圧測定にて、「収縮期血圧」、上の血圧が140 mmHg、「拡張期血圧」、下の血圧が90 mmHg、いずれかが超えた場合を高血圧と診断します。
 血圧は常に変動しており、感情の起伏や、立位・座位、朝か夜か等によっても影響受けます。 また、日によっても季節によっても変動し、一般的に夏低く、冬高い傾向があります。 医師や看護師が測定すると、緊張により平常の値よりも高めになり、「白衣現象」と呼ばれています。

 

● 高血圧の原因は?

 高血圧は90%近くを占めるとされる本態性高血圧症と、他の原因で血圧が上昇する二次性高血圧症とに分けられます。 本態性高血圧症は、生活習慣と遺伝的な体質の両方が関係していると考えられています。 生活習慣としては、塩分の摂りすぎ、飲酒、肥満、運動不足が重要とされています。過労、ストレスも影響します。

 

● 高血圧はなぜ治療しなければならないのか?

 高血圧を放置しておくと、血管が傷ついて破れたり、詰まったりしやすくなります。 その結果、命に関わる重大な病気を起こす危険性が高くなります。 心臓や脳、腎臓は一度壊れてしまったら、元に戻すことができません。 だからこそ、きちんと高血圧を治療しなければなりません。血圧をきちんとコントロールすれば、 これらの病気を抑えられることが、数多くの試験で確かめられています。

1.  心筋梗塞:心臓の血管が詰まって、心臓の筋肉が働かなくなり、心臓のポンプ機能が低下し、生命の危険があります。血圧の値が150/90 mmHgぐらいの人は、120/80 mmHgぐらいの人に比べて、心臓系の病気にかかる危険性は、2.5倍に増加するといわれています。
2.  心不全:心臓の筋肉が弱って、血液をうまく送り出せなくなってしまう病気です。
3.  脳卒中:脳の血管が破れて出血したり、血の塊ができて血管が詰まってしまう病気です。生命の危険があります。
4.  腎不全:腎臓の細い血管がダメージを受け、血液を正常にろ過できなくなってしまう病気です。体に老廃物や水分がたまり、悪化すると透析が必要になります。

 

● 血圧を下げるには

 まず、高血圧につながる生活習慣を改めましょう。血圧を下げる薬(降圧薬)を服用されている方はきちんと服用しましょう。 また、最近具合がいいからもう大丈夫などとご自分で判断して、薬を中止するのは止めましょう。  ご家庭に血圧計がある場合は、毎日測り記録をつけ、それをかかりつけの先生に見てもらいましょう。

生活習慣の改善

@  塩分を減らす:平均的な日本人の塩分摂取量は1日約12g程度ですが、減塩醤油、減塩味噌などを利用し、7g以下に抑えるように努力しましょう。
A  体重を減らす:標準体重[22×身長(m)の2乗]を20%以上超過している場合「肥満」といいます。体重が減少するとそれに伴って血圧も低下しますので、肥満の方だけでなく減量は有効です。
B  禁煙・節酒:喫煙は明らかに動脈硬化を促進させ、心臓病の危険性を高めます。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血圧を一時的に上昇させます。また、お酒は日本酒1合(ビール大瓶1本)/日までなら、かえって心臓病の予防によいといわれています。逆に毎日大量の飲酒を続けると、血圧は上昇し脳卒中の危険性が増します。
C  運動:体重を減らすために軽めの運動(心拍数で100〜120回/分程度)を30分程度、週2〜3回行うと効果的です。慣れてくれば、1日おきに1時間、あるいは毎日30分間行えばより効果が上がります。大切なことは継続していくことです。

宮内まこと記念クリニック  院長 吉冨 雄治